HOME モニッケンダム 説明

-MONNICKENDAM-

1890年にオランダ・アムステルダムで成立され、現在はイギリスで発信されています。
"原石に命を与える"純白の光を放つ「ラグジュアリー・ホワイト」の輝きで知られ、モニッケンダムが追及する最大限に美しい輝きです。

1948年にエリザベス王女ご結婚の際、タンザニア政府がお祝いとして贈呈したダイヤモンド原石のカットを依頼され、見事なエメラルドカットでイヤリングに仕上げられました。
1966年にクイーンズアワード英国産業賞をエリザベス女王より賜ったことでも有名なブランドです。


「最高のダイヤモンド」を使用し、「最高のデザイン」を採用し、「最高の製品」を仕立てることがモニッケンダムの目指す品質です。

LUXURY WHITE

「原石に命を与える」

まばゆい白、豊潤な光。
モニッケンダムのダイヤモンドは、ピュアな光に暖かな味わいを添えはじける白さで、みずみずしく感じます。
また、「原石に命を与える」というカッティングポリシーのもと、最高の原石をセレクトし、最高のカットを施しています。
美しいダイヤモンドの条件は、6~7割が原石、残りがカッティング技術。
モニッケンダムは、原石の供給元と確かな関係を築いており、またモニッケンダムのカット技術を認める多くの顧客が世界中にいることを、原石の供給元も理解しています。
このことから、最高品質の原石を得られています。
創業から約120年以上にわたり、培った大切な技術を確実に伝え、美しいダイヤモンドを生み出しています。

世界を驚かせた技術

サークルオブラスター

1954年に、「サークルオブラスター」を開発しました。(写真右)
ガードル部分をファセットなしで磨き上げる技術で、当時ではガードル部分を研磨する考えは全くありませんでした。
ラウンドブリリアンカットのダイヤモンドを真上から見ると、ガードルがまるで美しく、光の輪のように感じます。
このことから「サークルオブラスター」と名付けられました。
今では他社も取り入れていますが、最初に開発したのはモニッケンダムなんです。

世界最小のフルカットに挑戦

1905年、直径一ミリにも満たない1/607カラット(0.00164ct)に58面体のフルカットを施す偉業に成功しました。
このあまりにも小さいサイズは、縫い針の糸を通す部分よりも小さいです。
道具の製作に約7カ月、8個目の挑戦でなし得たのは、「世界で最も小さいフルカットダイヤモンド」といわれ、モニッケンダムのカッティング技術に世界が驚きました。

/