HOME アッシャー 説明分

-ROYAL ASSCHER-

ロイヤル・アッシャー社は、1854年オランダ・アムステルダムにて創業し、
名門のダイヤモンドジュエラーとして確固たる地位を築いてきました。
永年にわたる功績と信頼に対し、1980年オランダのユリアナ女王より「ロイヤル」の称号を授けられ世界でただひとつ、ロイヤルの称号を持つダイヤモンドブランドとなりました。
「エメラルド・カット」「ロイヤル・アッシャー・カット」など他社の追随を許さない革新的なカットを開発。

白く、上品で高貴な輝きを放つロイヤル・アッシャー・ダイヤモンドは、
創業当初から現在に至るまで、世界各国の王室からも称賛を集め続けています。

世界最大のダイヤモンド原石「カリナン」

CULLINAN

1905年に南アフリカで世界最大のダイヤモンド原石の「カリナン」が発見されました。
当時、”世界一のカット職人”と呼ばれていたジョセフ・アッシャーは「カリナン」のカットを託され、見事カットに成功しました。
「カリナン」は9個の大きなダイヤモンドと複数の小さなダイヤモンドに姿を変えました。
そのうち、最も大きな「カリナン1世」」は英国王室の王笏に、二番目に大きな「カリナン2世」は大英帝国王冠に飾られ、ています。
今もなお英国王室の宝として、世界中の人々を魅了しています

ロイヤルの称号

TITLE OF ROYAL

「カリナン」のカットに代表される偉業を成し遂げるとともに、ダイヤモンド業界のリーダー的役割をになってきたロイヤルアッシャー社。
その実績と信頼に対し、1980年にオランダ王室から「ロイヤル」の称号を授けられました。
「ロイヤル」の称号は1業種に1社しか与えられないオランダでは格式の高い称号です。
2011年にもアッシャー社はオランダ王室より「ロイヤル」の称号を再び授与されました。

来賓社名簿

GOLDEN BOOK

ロイヤル・アッシャー社には、「ゴールデンブック」と呼ばれる来賓社名簿が大切に保管されています。
世界の王室や各国首脳などの国賓がロイヤル・アッシャー社を訪問された際にご署名いただくものです。
この「ゴールデンブック」は歴史の重さを物語る懐かしい記録です。

/