HOME ラザール 説明

-THE LAZARE DIAMOND-

ラザール ダイヤモンドは100年以上も前の1903年に、ニューヨークで設立。

ダイヤモンドを七色に輝かせる理想のカッティングを施した「アイディアルメイク」は、暗いところでも僅かな光を捉え、 “The World‘s Most Beautiful Diamond.®”として、奇跡の輝きを放ちます。
設立以来、すでに1世紀を超えて本物を求める政界の人々を魅了し続けています。

また、「ダイヤモンドの魅力は輝きにある」として、当時のダイヤモンドの評価基準の3C(Color、Carat、Clarity)にカットを含めた「4C」を提案し、定着させたブランドです。

世界で最も美しいダイヤモンド

ラザールダイヤモンドは
「THE WORLD'S MOST BEAUTIFUL DIAMOND.®」
世界で最も美しいダイヤモンドという特許をアメリカと日本で取得しております。
美しい七色の輝きで、ダイヤモンドの理想のプロポーション。
わずかな光をとらえて、ダイヤは輝きます。
ラザールダイヤモンドは創設者である「ラザールキャプラン」の情熱から生まれています。
創業から約100年以上、その思いは受け継がれています。

アイディアルメイク

原石の輝きを最大限に引き出すのは、数学的理論に基づいた「アイディアルメイク」と丁寧な研磨。
マルセル・トルコフスキー考案の「アイディアルメイク」を初めて実現したのがラザールダイヤモンドの創設者のラザールキャプラン。
ダイヤモンドを七色に輝かせる理想のカッティングを施した「アイディアルメイク」は、暗いところでも僅かな光を捉えます。
また、原石にもこだわり、正八面体の原石のみを使用。
ダイヤモンドの原石生産国に拠点を設け、生産活動における協力体制も築いています。
ラザールダイヤモンドのダイヤは、お手本のようなプロポーションをしているのです。

4Cの提唱

3Cから4Cへ…
近年でダイヤモンドの評価基準と言えば4C。
ですが従来は「カラット」「クラリティー」「カラー」の3つで評価されていました。
そこに4つ目の基準がくわえられ、その「カット」を提唱したのがラザールキャプランです。
「カット」は人的な要素ですので、技術力に依存します。
輝きに強いこだわりを持ち、圧倒的な技術力が評価されていたラザールキャプランの提唱だからこそ、4つ目の基準として「カット」が採用されました。
また、4Cの誕生により、GIA(宝石額の世界的教育機関)が設立され、ラザールキャプランがGIAの名誉副会長に任命されました。

/